小顔になる方法を参考【無料カウンセリングがある】

顔を小さくしよう

カウンセリング

どうすればいいのか

小顔になるための方法というものがあるのを知っていますか。最近では多くの女性が小顔にあこがれを抱いていますが、本当に小顔になる方法を知っている人はそう多くはありません。まず、最初に顔が大きいという事は一体どういうことなのかについてみていきましょう。実は、顔が大きいというのは基本的に骨格の問題ではなく、顔のゆがみだとされています。顔のゆがみは日常生活のさりげない仕草が原因となります。何気なく行っている癖や習慣こそが知らぬ間に顔をゆがませているのです。顔がゆがむと骨格が崩れてしまうので、顔が大きく見えたりさらには老け顔に見られたりしてしまう事も多くなります。このことからわかるように、小顔になる方法で一番重要なことは顔のゆがみを取り除くことです。そのため、基本的には日常生活の癖や習慣を見直したり、小顔矯正を行っていったりすることで改善されます。しかし、人によってはそもそもの骨格が原因で顔が大きく見えてしまう場合もあります。こういったケースは、いくら日常生活を見直したところでどうしようもありません。整形外科に行って、骨を削り取ったり骨を切ったりといった整形手術を行う必要があります。最近では、切らない小顔整形というものも流行っています。小顔になる方法のうち、そもそもの骨格が原因となっている人は美容整形を行う必要があります。施術までは基本的に流れがあります。まず一番初めに行われるのはカウンセリングです。この段階で、施術の具体的な方向性を決めたり、どれくらいの整形手術にしたりするのかを決めます。料金の話もここで行われます。次に、検査を行います。血液検査やCT検査をはじめとして、整形手術を行うのに支障出るような異常が見つからないかの検査です。ここで異常が見られなかった場合は、いよいよ決められた日時に施術に移ることができます。施術当日、初めに行われるのは麻酔です。術衣に着替えて麻酔が行われます。麻酔は手術の規模によって部分麻酔と全身麻酔が使い分けられますが、顔の骨を削ったりとったりするという手術の関係上、基本的に全身麻酔が行われることが多いです。そして、麻酔が正常にかかったらいよいよ手術が始まります。ここからは、自分は特に何もする必要はありません。医師の腕を信じて手術の終了を待つだけになります。手術が完了したら麻酔を覚まします。その後、手術の規模によっては1時間から3時間ほどの休憩を経て帰宅することができます。最近は手術を受けた当日に帰宅できるケースが多いです。手術を活用した小顔になる方法は、難しい点が特にありません。

Top